ユニクロ

ユニクロを経営しているファーストリテイリングはインターネットによる通信販売を開始しました

ユニクロ

ユニクロの歴史は、1949年に現在のファーストリテイリング会長である柳井正氏が、山口県宇部市の「メンズショップ小郡商事」を創業したことから始まります。

個人経営であった「メンズショップ小郡商事」は1963年に法人化し、「小群商事株式会社」を設立しました

1984年に小郡商事は広島市に「ユニーク・クロージング・ウエアハウス」を出店しました。

同年、柳井氏は代表取締役社長に就任しました。

1991年には商号を「小郡商事株式会社」から「株式会社ファーストリテイリング」に変更しました。

1992年には直営店舗数が50店舗、1994年には100店舗を超え、「ユニクロ」は目覚しいスピードで成長していきました。

1996年には東京事務所を開設し、自社企画商品の開発体制を充実させました。

このような急成長を遂げる中、1997年には東京証券株式市場第2部に上場を果たしました。

ユニクロを経営しているファーストリテイリングは、2000年にインターネットによる通信販売を開始しました。

購入者の利便性を考慮したこの販売方法は、開始以降着実に売上を伸ばし、今後もますます成長が見込まれています。

そして海外進出の第一歩として、まずイギリスのロンドン、2002年には中国の上海市に出店を果たし、海外進出も軌道にのった2006年にはアメリカ、ニューヨーク市に1000坪のグローバル旗艦店、ユニクロ ソーホー ニューヨーク店を出店しました。

2002年頃になると最高益を記録していた売上が大きく落ち、業績不振に落ち入りましたが、デザイン機能の強化、有名タレントの起用、国内外ブランドの買収など様々な対策により業績の持ち直しに成功しました。

2003年にはカシミヤ、浴衣への参入、2004年には水着への参入など、ユニクロの扱う商品はカジュアル衣料には留まらず他分野に渡っています。

inserted by FC2 system