リサイクル活動

最大のヒット商品であるフリースとゴミ問題

スポンサード リンク

リサイクル活動

近年、環境問題が特に深刻になっています。

カジュアルブランドとして幅広い年代に支持を集めるユニクロも、環境への取り組みを行っています。

ユニクロがまず目をつけたものは、最大のヒット商品であるフリースとゴミ問題でした。

今は昔に比べてゴミの量が増え、種類や処分方法も多様化しています。

可燃ゴミは焼却され、不燃ゴミは埋め立てられます。

ユニクロが販売した数多くのフリースの行く末は埋め立てでした。

また、フリースの素材はポリエステルなので比較的処理が容易であり、まとまった量が確保しやすいこともリサイクル商品に選ばれる決め手になりました。

ユニクロのリサイクル活動のきっかけとなったのは、顧客から環境配慮やリサイクルへの要望の声でした。

そして2001年10月から本格的に始まったフリースの回収は、2002年1月までに約1万4000枚となりました。

現在、回収されたフリースはエネルギー源として利用される他、途上国難民キャンプへの寄付、断熱材などの原料に再生するなどの方法でリサイクルされています。

近年、国や業界ではさまざまなリサイクルシステムの研究がされていますが、いち早く商品のリサイクル活動に取り組んだユニクロは、社会に貢献する企業として今後が期待されています。

inserted by FC2 system