ベビー衣料品

ベビー服が加わることで全ての世代の衣料品を扱うことになった

スポンサード リンク

ベビー衣料品

ユニクロは2002年8月より、ベビー衣料品の販売を始めました。

そこにベビー服が加わることで全ての世代の衣料品を扱うことになったわけです。

ベビー衣料品の販売を始めたのは「シンプルで機能的なベビー服が欲しい」という顧客の要望に応えるためでした。

しかし少子化が進む近年、ベビー服市場は縮小傾向にあります。

それは少子化によってベビーの数は減っているが、少ない数のベビーに両親と祖父母の関心は集中し、合わせて6つの財布からの購入が期待できるということ、また、現在のベビーの両親、祖父母に当たる世代はファッション意識が高い世代であり、こういった世代にユニクロの商品が認められれば成功する可能性が大いにあるということです。

実際、高品質、低価格なユニクロのベビー衣料品は母親たちに評判がよく、売上は当初の予想を大きく上回りました。

現在ベビー衣料品を扱う店舗は限られていますが、オンラインショップでも購入することができるため多くの人が利用することができます。

今ではユニクロベビーはユニクロの商品として定着しました。

inserted by FC2 system