フリース

現在でもフリースといえばユニクロを思い浮かべる人も少なくない

スポンサード リンク

フリース

1998年ユニクロで発売されたフリースは、日本中にフリースの大ブームを巻き起こしました。

フリースとはポリエステルの繊維を起毛して作られた素材で、軽くて肌触りがよく、保温性に優れ、洗濯しても乾きが早いという特色があります。

現在でもフリースといえばユニクロを思い浮かべる人も少なくないようです。

ユニクロは当時このフリースを1900円という低価格で発売し、1998年には200万枚、1999年には850万枚という驚異的な枚数を販売しました。

それまでに着々と店舗数を増やしてきたユニクロは、このフリースの販売によって、一躍全国的な人気ブランドにのし上がったのです。

ユニクロは顧客の欲しがっている商品に限定して品揃えをし、自社で大量生産、大量販売することによって低価格を実現する方法を行っています。

顧客の感性を見抜き、顧客のニーズを確実に掴んだことがフリースの大量販売を成功させたといえます。

ユニクロはフリースの爆発的なブームの後、一時業績不振に陥った時期もありましたが、さまざまな改革によって再び勢いを持ち直しました。

現在でもユニクロはフリース製品の研究を重ね、肌触りや防寒性、また毛玉が出来にくい加工や、ポケットの耐久性、首もとのフィット感など、細部まで配慮した商品を開発しています。

また色揃え豊富にしたり、リバーシブルやストレッチ、人気ファッション誌とのコラボレートフリースなどの開発など、デザイン性の高いフリース商品も次々と販売されています。

inserted by FC2 system