障害者雇用

積極的に障害者雇用に取り組んでいる企業の一つ

スポンサード リンク

障害者雇用

ユニクロは積極的に障害者雇用に取り組んでいる企業の一つです。

日本では障害者雇用促進法によって企業の障害者雇用が義務つけられており、業種や規模応じて法定雇用率が定められています。

法定雇用率を満たさない企業は、それに応じた納付金を納めるという選択もあります。

ユニクロは2007年、法定雇用率1,8%に対し7,66%の雇用率であり、これは従業員の5000人以上の企業や公的機関の中で最も高い雇用率となっています。

ユニクロでは視覚、聴覚、肢体障害者などが働いていますが、最も多いのは知的障害者です。

仕事の内容は開店前や閉店後の店舗の清掃作業や、商品をダンボールから取り出して店頭へ並べる準備作業などです。

しかし障害者を実際に雇用している店でサービスや雰囲気が向上したという実例から、積極的に障害者雇用に取り組むようになりました。

現在、ユニクロは全店舗の7割から8割で障害者を雇用していますが、ユニクロが目標にしている一店舗一名以上の雇用はまだ達成していません。

inserted by FC2 system