店舗展開

店舗展開はユニクロが売上を伸ばした要因の一つ

スポンサード リンク

店舗展開

ユニクロは1984年に広島市の第一号店を出店して以来、次々と新しい店舗を出店してきました。

1992年には西日本を中心に50店舗を展開していたユニクロは、1994年には東日本へも進出し、100店舗以上の出店を果たしています。

それ以降は年間50店舗のペースで出店し、2000年2月には390店舗余りに増加しました。

それ以降は年間100店舗ペースで出店し店舗数を増やしてきました。

このような店舗展開はユニクロが売上を伸ばした要因の一つだと考えられています。

また店舗を出店する形態は、従来のロードサイドタイプの他、百貨店の中の店舗インショップタイプ、狭い土地に建つビル利用した都市型店舗タイプの三種類で展開されています。

これに加え、駅構内への出店など小型店も出店され、出店形態は今後も多様化していくと思われます。

また銀座店の特別商品も扱うなど、商品にも店舗により変化がつけられています。

今やグローバル企業となったユニクロは従来の店舗方式にとらわれず、顧客のニーズに応えるために、時代に合わせた店舗展開が行われています。

inserted by FC2 system