オリンピック

初めて選手の公式服装の製作、無償提供を担当しました

スポンサード リンク

オリンピック

ユニクロは2002年ソルトレークシティで開催されたオリンピック冬季競技大会で、初めて選手の公式服装の製作、無償提供を担当しました。

そしてソルトレークシティに続き、2004年アテネオリンピック競技大会でも再び公式服装の製作、無償提供を担当しています。

オリンピックの公式服装とは、開会式で選手が着るユニフォームのことをいいます。

公式服装には、開会式で着用する開会式用、結団式などの公式の場で着用する式典用、渡航の際に着用する移動用があります。

オリンピックの開会式は世界中の人が注目する瞬間であり、選手の公式服装は重要な役割があります。

デザインも大切ですが、開催国の気候や、着やすさ、動きやすさを考慮して製作する必要があります。

しかし2006年トリノオリンピック冬季競技大会では、ユニクロはJOCの協賛企業からはずれ、同時に公式服装の担当からも外れました。

inserted by FC2 system