ショッピングバッグ

二酸化炭素の排出を削減する「環境配慮型ショッピングバッグ」

スポンサード リンク

ショッピングバッグ

最近では購入者が商品を持ち帰るためのショッピングバッグとして、二酸化炭素の排出を削減する「環境配慮型ショッピングバッグ」を全店舗へ順次導入していくことを決定しています。

このショッピングバッグは東京理科大学の阿部正彦教授とイーベーシック社が開発した超微細技術(ナノテクノロジー)を活用して作られたものです。

これまでにもユニクロは薄型のショッピングバッグなど、環境へ配慮したものを使用していました。

今回導入が決定したショッピングバッグは、従来のものより強度が向上した上に薄型化、軽量化され、原料であるポリエチレンの使用量が減り、焼却しても二酸化炭素の排出を少なく抑えることができるものです。

ユニクロでは年間に約一億2000万枚のショッピングバッグを使用しており、年間9839tの二酸化炭素を排出しています。

このショッピングバッグの導入によって二酸化炭素排出量は年間4263tに減り、約60%削減できる計算になります。

近年、ショッピングバッグの取り組みは日本中に拡がっています。

ユニクロの取り組む「環境配慮型ショッピングバッグ」の導入は、世界でもはじめての試みと言われています。

環境問題への取り組みは、それぞれできるところから始めることが大切ですが、ユニクロは身近なショッピングバックを通じて環境問題に取り組んでいます。

inserted by FC2 system