靴で通用するのか課題も多くあり今後に注目がされています

スポンサード リンク

カジュアルブランド、ユニクロを展開する株式会社ファーストリテイリングは、近年靴小売業への参入を果たしています。

ワンゾーンはかつて「靴のマルトミ」として靴小売業を展開していましたが、事業の失敗により民事再生法の適用を申請しました。

その後「株式会社ワンゾーン」と社名を改め、2005年に株式会社ファーストリテイリングの子会社となっています。

現在は商品の開発から販売までも手がけ、靴専門店「FOOT PARK」を中心に「AIR KICK」「カルサドール」などを全国に展開しています。

「FOOT PARK」ではシューズメーカーの商品も多く扱っていますが、ユニクロと同様に商品の開発から製造、販売までを一貫して管理する体制を開始しています。

靴はブランド依存が強い商品であり、衣料品と異なる面が多くあります。

ユニクロが衣料品で成し遂げた方法が、靴で通用するのか、課題も多くあり今後に注目がされています。

近年ではユニクロの新規店舗に、「フットパーク」を併設する試みがされています。

カジュアルブランドとして幅広い年代に支持されているユニクロの集客率を利用し、衣料品とコーディネートした靴の購入など、相乗効果が期待されています。

inserted by FC2 system