浴衣

日本の伝統である浴衣文化の継承に一役買ったといえるでしょう

スポンサード リンク

浴衣

ユニクロは2003年より女性物の浴衣の販売を始めました。

そして2005年からは男性向けと子ども向けの浴衣も発売されるようになりました。

もともとユニクロが浴衣の販売を始めたのは、「もっと気軽に楽しめる浴衣が欲しい」という顧客の要望に応えるためでした。

日本伝統の衣類である浴衣は、ユニクロのイメージとかけ離れているため、発売当初は果たして顧客に受け入れられるものか注目を集めていました。

実際に浴衣は発売以来、3990円という低価格と、本格的な柄が好評価を得て、毎年若い女性やファミリーなど幅広い年代に人気を集めています。

特に近年は和を取り入れたファッションや小物ブームとなっており、中年女性を中心に和装を楽しむ人が増えています。

百貨店や呉服店でも豊富な種類の浴衣が扱われるようになっています。

しかし百貨店や呉服店で浴衣を一式揃えると4万から5万円、低価格な物でも1万円前後はかかります。

若者にとって浴衣は値段も高く、手入れも着付けも面倒なため、一度は着てみたいと思っても現実に購入するまでには至っていませんでした。

若者の身近な存在であるユニクロが、低価格で品質の良い浴衣を販売したことによって、若者は洋服を購入する感覚でユニクロの浴衣を購入し、浴衣を身近なものに感じるようになりました。

ユニクロは日本の伝統である浴衣文化の継承に一役買ったといえるでしょう。

inserted by FC2 system